最新記事

twitter

カテゴリ

RSSリンクの表示

全記事表示リンク

-PR-




gooのスマホg06 選べるOCNモバイルONEセット【送料無料】


月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

KomonoZukin

Author:KomonoZukin
のブログへようこそ!


ブログのタイトルは、小物好き(こものずき)から、「こものずきん」と名づけました。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログの記事は、気を付けて投稿しておりますが、ミスや勘違いなどあるかもしれませんので、参考にされる場合は、情報をそのまま鵜呑みにせず、他の情報もお調べ頂き、総合的に判断していただけると幸いです。

[gooアンバサダー]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

huawei Y6 専用TPUケースを装着。

昨年末に、ヨドバシの格安スマホ福袋5000円のweb整理券ゲットしたものの、
混雑時に決済したためかエラーに気付かず、無効となってしまったため、ビックの福袋に挑戦することに..。

ビックの格安スマホ福袋4838円は、なんとか無事ゲット。
(実はビックのポイントゲームで3000ポイント当たって、奇跡的に1800円くらいで購入できた。)

福袋の中身は、huawei Y6 だった。
初huaweiで、いろいろ気になるところがあるけど、1800円スマホならまあいいかということで。
(ヨドバシの福袋は整理券が無効になるハプニングで、フリーテル製品「雅」ゲットには至らず。こういう運命なのでしょう。)

格安とはいえ、背面プラ素材で傷が付きやすく、突き出し型のカメラなので、
それをカバーできる100円台のTPUケース(ebay購入)を装着してみた。
(このほかにも100円未満のTPUケースとガラスフィルムも発注中。グローバルモデルはアクセサリーが沢山出回っているので安いー。)

背面をみて気付いたのですが、傷ついていたのでしょうか?
ロゴがhuawciになっていて驚きました。何か弾みで擦れたのかもしれません。
https://twitter.com/KomonoZukin/status/816938252594606080

左:gooのスマホ g06、中央:huawei Y6 (Honor 4Aと同じようです)
huawei_y6_01.jpg


裏面は、マット調(所謂サンドブラストですね。)
huawei_y6_02.jpg

表面は、つやテカ調
huawei_y6_03.jpg


TPUケースの手触りはとてもよく、滑り辛く持ちやすくなりました!

最後に..
独自UIは少し苦手ですが、格安スマホながら10点タッチ対応、カメラの画質、バッテリー持ち、品質はとても良いと思いました。
動作はもっさり気味ですが、カメラ、通話、web、メールなら問題なしです。

今、勢いのあるメーカーですが、
コンパクトサイズのスマホも出してくれたら嬉しいですね。(いつもこればかり言ってますー)

gooのスマホ g06を本気で保護したい方にオススメのTPUケース。

gooのスマホ g06を本気で保護したいー。

以前購入したgooのスマホ g06専用の保護ケースが、
ゆるゆるになってしまいケースから外れることが多く、
プラも劣化してきた為、新たなケースをamazonにて購入。

以前購入のケース
https://twitter.com/KomonoZukin/status/790552456404926465

新たなケースを購入(前面のフチをフルカバーできるみたいので即決)
https://twitter.com/KomonoZukin/status/808566731547373568
実はTPUケースの発売を待ってました。いつの間に入荷したの?!


箱から取り出し。裏面。
g06_komonozukin_tpu_01.jpg


表面。
g06_komonozukin_tpu_02.jpg


左:旧ケース(少し硬め、傷がつきやすい)、右:新ケース(TPU素材、少しやわらか傷がつきにくい)
g06_komonozukin_tpu_03.jpg


赤カバーに装着。
g06_komonozukin_tpu_04.jpg


斜め。
g06_komonozukin_tpu_05.jpg


正面。
g06_komonozukin_tpu_06.jpg


黒ナナメ。
g06_komonozukin_tpu_07.jpg


黒ななめ。
g06_komonozukin_tpu_08.jpg


染色職人モード発動。(染料:ダイロンブラック、お湯に10分ほどつける)
g06_komonozukin_tpu_09.jpg


完成。オールブラック。ええ色。ツヤツヤしてる。
g06_komonozukin_tpu_10.jpg


くり抜き部分のエッジ処理も滑らか加工で、質感よし。
g06_komonozukin_tpu_11.jpg


前面ガラスの縁周りを包み込む形状のため、ガラスパネル面を下向きにしても安心。
g06_komonozukin_tpu_12.jpg


見た目もよし。電源、音量ボタンはくり抜きではなく、フルカバー。
g06_komonozukin_tpu_14.jpg
(電源ボタンだけは少し押しづらかったので、ケースボタン部分の真裏に適度な厚さのテープを仕込んだら、すごく押しやすくなった。)


なんともいい感じ。キラリ☆
g06_komonozukin_tpu_13.jpg
TPU素材は手に馴染むし、衝撃を吸収してくれるのでいいですね。
このケースのおかげで、g06が蘇りました。おまけに保護シートもついてました。
なかなかいい感じです。

以上。




おまけ(g06のバッテリー、SIM、microSD、取り出しのTIPS)


g06_komonozukin_tpu_15.jpg
g06バッテリーはとっても固く外しにくいので、
簡単に外れるよう、テープの取っ手をつけてます。
(糊がくっつかないテープを使用。)

simやmicroSDを取り出す際は、
同様に糊がくっつかないテープをsimやmicroSDの端に貼り、
そーっと引き出します。


covia製、5.5インチ大画面、指紋認証搭載、DSDSスマホ、gooのスマホ g07 登場。


株式会社コヴィア 開発・製造のデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)対応スマートフォン、NTTレゾナント株式会社より、g07(グーマルナナ、型番CP-J55a)として12月14日13 時より発売開始。




↓先着907名様のクーポン取得はこちら(最初に割引クーポンを取得が必要です)
https://point.goo.ne.jp/j/ssc/staticContents/show/cp_124


coviaの最近の端末といえば、
小型Androidスマートフォン、FLEAZ POP
Windows 10 mobile スマートフォン、BREEZ X5
タブレットPC(2in1 notePC)、BREEZ Book W11...
などが思い浮かびますが、
今年はもう、coviaからandroid端末のリリースはないものと思ってました。

ところが、沈黙を破り、gooのスマホ g07として、
covia製、5.5インチ大画面、指紋認証搭載、DSDS対応スマートフォンが発表されました。

販売価格は、gooSimseller直営ショップで、税別19800円。
(先着907名様は、クーポンで3000円引きあり、CP適用で税別16800円)

gooのスマホ g07 + 選べるOCNモバイルONEセット【送料無料】
gooポイント割引クーポンで16,800円に! 先着907名様のg07割か。
https://twitter.com/KomonoZukin/status/808895281035182080

同社初の5.5インチ大画面スマホ、gooのスマホ ブランドと連携し、販売網も確立。
コヴィアさんは、新たなる境地へ踏み出したようですね。

価格・性能の圧倒的コストパフォーマンスには驚かされましたが、
5.5インチ、DSDS、指紋認証、この辺が流行りなのでしょうか。

コスパの優れた新端末はとても素晴らしいですが、製品サポートも大変重要
なものですので、もしトラブルがあった場合は、しっかり対応して欲しいですね。
(特に初期不良の対応はとても大事だと思います。)

個人的には、性能アップした小型スマホに期待していましたが、
大画面、DSDS利用を考えている人はとてもよい選択肢かもしれません。
さぁ、どーする、どーする?(DSDS... 寒っ)


g07の仕様(主要部分のみ抜粋、詳細はメーカーサイト、販売店をご確認ください)
[カラー] ホワイトパネル、ブラックパネル
[OS] Android 6.0(Android 7.0アップデート対応保証あり)
[MPU]MT6750T octa-core Cortex-A53 1.5GHzX4,1.0GHzX4
[メモリ]RAM3GB、FlashROM32GB
[画面]5.5インチ fullHD(1920x1080) IPS液晶、Dragontrail強化ガラス
[カメラ] 1300Mpix[sony製イメージセンサ]/800Mpix
[ネットワーク]LTEB1(2100)/B3(1800)/B8(900)/B19(800)、W-CDMAB1(2100)/B6(800)/B8(900)、GSM850/900/1800/1900MHz
[simスロット]DSDS対応 microSIM + nanoSIM (スロット占有の場合、microSD利用不可)
[USB]OTG対応、Type-C(但し、USB2.0規格)
[本体] 152x75.6x7.9mm、約150g



gooのスマホ g07 関連リンク

デュアルSIMデュアルスタンバイ対応スマホでは最安値の19,800円 「gooのスマホ」g07販売開始
http://pr.goo.ne.jp/goo/2016/19211/

gooのスマホ g07 (メーカーサイト:covia FLEAZ mobile)
http://www.fleaz-mobile.com/g07/

gooのスマホ g07 クイックスタートガイド
http://www.fleaz-mobile.com/g07/qig/

gooのスマホ g07 サポート情報
http://www.fleaz-mobile.com/support_g07.html


先月話題となったadups製ファームのバックドア問題について考える。

先月11月に話題となったadups製ファームウエアのバックドア問題。
androidスマホは多種多様で、様々なメーカーやSoCメーカーもあり、気になっている方も多いのではないでしょうか。

とは言っても、詳しい実態は分からないため、その可能性があるなら対応するなり、問題がなければなかったということで、メーカー側で安全宣言すればそれはそれでいいと思います。

メーカーによっては、今回の問題についてアナウンスしているメーカーもあります。
メーカーが先立って対応してくれるととても安心ですね。
https://twitter.com/KomonoZukin/status/800924553136308224

現在、gooのスマホ g06(mediatek SoC)を使用していますが、もしやと思い、可能な範囲内で調べてみました。結果はどうであれ、メーカーから何かしら発表してくれると安心ですが、メーカーからは何も発表がないので問題がないものと思っていました。

11月後半からしばらく、ファイアウォールアプリ等を利用し、通信していないかデータを採ってたところ、気になるアクセスが沢山あり驚きました。アクセス先は、adupsのサイトやその関連のものでした。ショック..。ただ個人情報が流れているかどうかは分かりませんが、定期的に海外サイトへアクセスしているのは確認できました。(一日あたり数回、多い時は十数回、特定のIPアドレス3つ)
ただ個人情報を収集しているかどうかは不明ですのでその部分については言及しません。

アクセス元のワイヤレスアップデート[com.adups.fota]や、その関連のありそうなアプリをOS上の設定から無効化したり、強制停止したり、色々試してみましたが、再起動に有無に関わらず、システムで動いているので一時停止してもしばらくすると復活するので、無意味でした。完全にそのバックグラウンドアクセスを止めることは、通常の方法において個人レベルでは止めることができないようです。(そのワイヤレスアップデートと通常のシステムアップデートは関係ないようです。通常、FWアップデートはお馴染みの黄色い矢印とギアのアイコンで、コヴィアさんのサーバに繋がるはず.です。)[追記]2016/12/28のFW更新でアップデートサーバが別の会社のものに変更されてますね。

その気になる通信については、メーカーが直接手を加えないと無理だと思いますので、アップデート等で対応してほしいですね。以前取り上げたこちらも是非お願いいたします。[追記]2016/12/28のFW更新で、adups関連アプリは削除またはアンイントール可能になり、勝手に通信することはなくなりました。これはありがたいですね。その代わりというわけではないですが、novaランチャーを使用中、前以上にg06ホームアプリが頻繁に外部にアクセスするようになってしまいました。初期バージョンはこんなにアクセスすることはなかったのに。→12/29アクセスが収まってきたようです。しばらく様子見です。)

以上、気になる問題でした~。


【追記】 今更ですが、crosslink marketing AuBee elm. スマートフォン(FLEAZ NEOと名称違い)も、goo g06同様にadupsのサイトにアクセスすることを確認しました。gooのスマホ g06ほど頻繁ではないようですが、 この挙動はバッテリーやメモリーの消費、データ通信量にも少なからず影響を与えるものですでの、FWアップデートで対応すべきだと思います。ショックです。。
adups_access_log.png

前のページ «  ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。