最新記事

twitter

カテゴリ

RSSリンクの表示

全記事表示リンク

-PR-




gooのスマホg06 選べるOCNモバイルONEセット【送料無料】


月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

KomonoZukin

Author:KomonoZukin
のブログへようこそ!


ブログのタイトルは、小物好き(こものずき)から、「こものずきん」と名づけました。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログの記事は、気を付けて投稿しておりますが、ミスや勘違いなどあるかもしれませんので、参考にされる場合は、情報をそのまま鵜呑みにせず、他の情報もお調べ頂き、総合的に判断していただけると幸いです。

[gooアンバサダー]

最強?コンパクトLEDフラッシュライトシリーズ対決

P1050958.jpg

FANDY FIRE A10B(3モード)が届いた。

自称、最強コンパクトLEDフラッシュライトシリーズ対決の結果は如何に。

FANDY FIRE A10Bの、Hiモードの明るさ(メーカー公称値900ルーメン)は、
UltraFire V6-T60(3モード)のHiモード(メーカー公称値975ルーメン)を超え、且つ、
iTP A6 Polestar(メーカー公称値700ルーメン)を超えている。
900ルーメン近く出ているのだろうか。(体感的に800~900ルーメンくらいかな?)

また、Hiモード、Loモード(体感的に100ルーメン以下)の明るさにかなりの差があり、
メリハリがあって扱い易い。

UltraFire V6-T60は、HiモードとLoモードの差があまりないので、使い分けが難しい。

P1050961.jpg

それにしても、FANDYFIRE、恐るべし。侮っていた。レビュー通りいいのものだった。

Hiモードは連続使用だと、とてもアチチ(冬場はカイロがわりとして良いが)だけど、
Loモードに切り替えればよい。

このクラスのサイズなら放熱的に難しいので、これでいいかと。

買ってよかった。



比較したLEDフラッシュライトたち。
・FandyFire A10B CREE XM-LT6 3-Mode 900Lumen
・UltraFire V6-T60 XM-LT6 3-Mode 975Lumen(1200lumenから最近スペックダウン)
・iTP A6 Polestar 3-mode CREE MC-E 700lumen
とか。。。

P1050960.jpg

FandyFire A10B

最近、LEDライト買い過ぎて、購入を躊躇っていたけど、

DXにて、FandyFire A10B 900ルーメン注文してしまった。

初、FandyFire。

前回、注文した、UltraFire V6-T60との比較用として。

このコンパクトさで明るいのは、UltraFire V6-T60とFandyFire A10Bらしいので、
比較してみよう。

でも、DXは、何時届くのか不安が尽きない。

UltraFire V6-T60は、やっぱり。。。

UltraFire V6-T60は、やっぱり明るい!だが、しかし。。。


UltraFire V6-T60のバッテリーを充電したら、

Hiモードの明るさが体感的に、iTP A6 Polestarを超えていた。恐らく。

実は、バッテリーを充電するのを忘れていたのが、原因。


でも、Hiモードは、数秒間ついたら、消えてしまった。

他のLoモードや、ストロボモードは大丈夫だった。

DXのレビュー通りだったので、驚かなかった。


恐らく、保護回路機能が働いた気がする。もう少し様子をみてみよう。


前のページ «  ホーム  »  次のページ