最新記事

twitter

カテゴリ

RSSリンクの表示

全記事表示リンク

-PR-




gooのスマホg06 選べるOCNモバイルONEセット【送料無料】


月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

KomonoZukin

Author:KomonoZukin
のブログへようこそ!


ブログのタイトルは、小物好き(こものずき)から、「こものずきん」と名づけました。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログの記事は、気を付けて投稿しておりますが、ミスや勘違いなどあるかもしれませんので、参考にされる場合は、情報をそのまま鵜呑みにせず、他の情報もお調べ頂き、総合的に判断していただけると幸いです。

[gooアンバサダー]

gooのスマホ第6弾、g06(グーマルロク)登場!

goo_g06.png

<gooのスマホ 第6弾、g06(グーマルロク)登場!>
2016年9月6日、格安SIMフリースマートフォン「gooのスマホ」を販売しているNTTレゾナント株式会社より、gooのスマホ 第6弾「g06(グーマルロク)」が発表されました。

g06はメーカー希望小売価格9800円(税別)ですが、OCNモバイルONE SIMパッケージを付属し、国内販売LTE対応スマホとして最安値の7800円(税別)で、同日9月6日13時より予約販売を開始。

g06の発売を記念し、gooSimseller本店でg06を購入いただいた先着906名様に、1560円相当のgooポイントをプレゼントする「gooポイント高還元キャンペーン」実施。キャンペーン期間は、2016年9月30日(金)14時まで。
キャンペーンページ https://simseller.goo.ne.jp/ext/lp/g06cp.html

尚、先着906名様のgooポイントキャンペーンの「906」という数字ですが、
g06の「g」を数字の「9」にちなんだものということに、ハッとしてgooっと気付きました。
つまり「gooのスマホg06」「900のスマホ 906」のようなものですね。


<g06の特長>
・Android 6.0 Marshmallow
・LTE対応端末としては最安値(LTE 2.1GHz、1.8GHz、800MHz[プラチナバンド]対応)
・W-CDMA800MHz/2.1GHz対応(3GのFOMAエリアのほか、FOMAプラスエリアも利用可)
・4インチWVGA(480×800)、IPS液晶
・交換可能なバッテリーパック(容量:1700mAh)
・バックカバー計2枚付属、1枚はホワイト・ブラック・カーキ・ピンク・インディゴの中から選択可。
・手の小さな方でも持ちやすい。オリジナルのホームアプリ等も充実。


<g06のスペック> (更新箇所=赤色)
【端末名】gooのスマホ g06
【メーカー】クロスリンクマーケティング株式会社
【カラー】バックカバーは標準の赤色(グーレッド)を含め2枚付属。もう1枚は色を選択可。
【OS】Android6.0(Marshmallow)
【CPU】MediaTek MT6737M クアッドコア 1.1GHz
【RAM/ROM】1GB/8GB
【外部メモリ】micro SDHC(最大32GBまで)
【本体サイズ(突起部除く)】126x63.2x10.8mm
【重量】約129g
【液晶パネル】4インチ IPS WVGA(480×800)
【マルチタッチ入力】 最大2点(一部制約あり、搭載されている2点タッチパネル特有のもので指の位置よっては2点でも1点として認識される)
【カメラ(背面/前面)】500(AF)/200万画素、LEDフラッシュ搭載
【バッテリー容量】1700mAh(交換可)
【ネットワーク】FDD-LTE Band 1、3、19(2100/1800/800MHz)・W-CDMA Band 1、6(2100/800MHz)・GSM(850/900/1800/1900MHz)
【SIMスロット】microSIMx2
【WiFi】802.11 b/g/n(2.4GHz)
【Bluetooth】v4.0 Smart Ready 、BLE対応(9/20メーカー仕様修正あり)
【衛星測位システム】GPS/A-GPS (GPS信号の捕捉速度:良好)
【重力センサー】○
【近接センサー】○
【照度センサー】○
【電子コンパス】なし
【USB端子タイプ】microUSB
【USB-OTG】なし(仕様確認用アプリで確認すると搭載していると表示されるが機能せず)
【ヘッドフォン】端子 3.5mm ミニジャック
【スピーカー】モノラル(出力0.8W)
【FMラジオ】チューナー内蔵 対応周波数FM76.0~94.9MHz(0.1MHz単位で確認)、ワイドFM対応。
【価格】OCNモバイルONE SIMパッケージ付きgooSimseller限定価格 税別7,800円
メーカー希望小売価格は税別9,800円(gooSimseller以外の家電量販店等)


<小物的考察&つぶやき>
通信まわりやデザイン以外は、以前、gooSimseller限定で販売していたAuBee elm.やcoviaのFLEAZ NEOと同等のスペック。
それと比較した場合、ネットワークは3GからLTEに進化している点はとてもいい。ただメモリ1GB/ストレージ8GB、カメラも500万画素のままなので、せめてメモリもアップグレードしていればもっと良かったと思う。
この点は値段にも影響するので難しいところだと思うけど、この大きさでCPU強化やメモリ増量モデルもあればいいのに..。
格安コンパクトスマホも2段階くらいの価格設定で、スペック違いのモデルが出ると嬉しいですね。

g06に搭載されたMT6737Mと、AuBee elm.のMT6580Mの性能差が気になる。
MT6737を搭載している情報を調べてたらMT6737は、MT6735より処理速度と省電力性が向上しているという内容を記載しているサイトを幾つか発見。実際に確かめてみないと分からないですが..。

今回のgooの新モデル発表で、gooのスマホ g01/g02/g03... モデルナンバーが上がってゆく度、価格が上昇するという傾向、g06で見事に破られましたね。
モデルナンバーというより、発表順のリリースナンバーという感じでしょうか。次のg07は何が来るのかわかりませんが、もしかしてAXON 7miniあたりでしょうか?気になりますね。
gooのスマホ g01/02/03は、サポート用の在庫を残し販売を終了し、g04/05については当面、販売を継続するようですね。

g06の販売メーカーはクロスさんになってますが、実際のサポートは今までの経緯を考えるとコビィさんだと思います。クロスさんの代表の方は昨年退任されているようですが、現在はどうなっているのか不明。昨年からホームページから削除されている点も気になります。また端末のサポートについても気になるところです。

グーの端末保証ですが、現時点では、g01/g02/g03/g04/g05が対象端末と表記されていますが、g06については記載がないようです。有償の端末保証がなければメーカーの一年保証のみとなるかもしれないですね。

→[9/16追記] 「グーの端末保証」が「グーの端末補償」に..。g06から変わった..。
https://twitter.com/KomonoZukin/status/776623047285420032


<参考リンク>
gooのスマホ g06と、AuBee elm.はカメラやメモリ、ストレージ、センサー類はカタログでは同等のスペック。決定的な違いはLTEに対応したこと。LTEモバイルルータとして利用しても7800円なら安い。SoC(MT6737M)の性能が気になるところ。AuBee elm.のクアッドコア1.3GHz(MT6580M)よりは、低い1.1GHzだけど、SoCが新しいのでクロックだけでは性能は分からない。
http://www.mediatek.com/jp/products/mobile-communications/smartphone1/mt6737/

gooのスマホ g06(メーカーHP)
http://www.crosslink-marketing.com/g06/


<ショップリンク>
NTTコムストア by goo simseller 本店(g06)
https://simseller.goo.ne.jp/item/00002g06simset.html

NTTコムストア by goo simseller 楽天市場店(g06)
http://item.rakuten.co.jp/goosimseller/g06simset/


NTTコムストア by goo simseller yahoo ショッピング店(g06)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/goo-simseller/g06simset.html


<4インチモデル・スペック比較 FLEAZ POP/AuBee elm./goo g06>
komonoSpec.png

g06 サポート情報より
・初期ストレージの空き4.38GB
・SDカードを本体内部ストレージとして利用可(Android6.0の仕様)
・赤と緑の通知ランプ有
・VoLTE、GLONASS、USB-OTGは非対応とのこと。
www.crosslink-marketing.com/g06/support.html

g06ちょいレビュ[2016.9.17追記]
・バックカバのgooRedは落ち着きのある色
・POPとelmと同じ特性のほぼ2点タッチ
・elm.より少し大きい
・タッチパネルの感度はelmより上でPOPなみ(POPより若干下のようです。)
・ランチャはgoo専用のものとLancher3が入ってる
・elm.よりサクサク
・POPより重
・WiFi位置情報&A-GPS未使用のGPSのみでも捕捉速、感度良。
・Android ver.は6.0 (6.0.1ではない)
・カメラ画質は同500万画素のelm.やPOPを下回る(POPと大きな差があり、カメラは期待できない)
・ほぼ同じ環境のPOPと比べバッテリー持ち2倍(しばらく使ってみないと分からないですが..)

その他トラブルなど
初期不良がありメーカーに連絡するもなかなか電話が繋がらず。
(販売店の3営業日以内の初期不良であっても対応はメーカーサポートへ直接とのこと。)
ようやく繋がるも即対応してもらえず折り返し連絡待ち、この点は改善して欲しい...。


gooのスマホ「g06」逆さにしても「g06」、
900のスマホ「906」、おそるべし。

goo_g06.gif

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://komonozukin.blog.fc2.com/tb.php/264-80f1ec83

 ホーム