最新記事

twitter

カテゴリ

RSSリンクの表示

全記事表示リンク

-PR-




gooのスマホg06 選べるOCNモバイルONEセット【送料無料】


月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

KomonoZukin

Author:KomonoZukin
のブログへようこそ!


ブログのタイトルは、小物好き(こものずき)から、「こものずきん」と名づけました。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログの記事は、気を付けて投稿しておりますが、ミスや勘違いなどあるかもしれませんので、参考にされる場合は、情報をそのまま鵜呑みにせず、他の情報もお調べ頂き、総合的に判断していただけると幸いです。

[gooアンバサダー]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DX(dealextreme)へ初返品。

DX_henpin_001.jpg

先月下旬、DXで注文していた商品(CAR DVR)が、やっと届き、
ワクワクしながら、開封して動作確認したところ、
CAR DVRのディスプレイ及び、記録された映像に、
謎の黒い物体が。。。ショック。

商品不良の為、返品(交換を希望)することに。

http://services.dealextreme.com/の
- Defective / broken items receivedから、

CSE(Customer Service Express)に、
不良の詳細と、交換希望の旨を英語で伝える。

ウェブをみると、DXのカスタマーサポートは、
現在、パンク状態で、チャットサポートもできない状態。

返信には、1週間~10営業日ほどかかるとのこと。これは、厳しい。
(故障などのトラブルは、通常、1~2日程度らしいのだが。長すぎる。)

それで、しばらく、1週間以上待っていたら、
本日、CSE(Customer Service Express)から連絡があり。

故障品を返送してくれというメールが届いた。
早速、返送しようと手続きをしたのだった。(夜間23時ごろ、郵便局に持っていた。)

故障商品の詳細ラベル(下記内容のような感じ)をプリンターで印刷し、
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ORDER # : xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx (オーダー番号を記入)
SKU : SKUxxxxxxxxx (SKU商品番号を記入)
PRODUCT NAME : Car DVR (商品名を記入)
QUANTITY : 1 (数量を記入)
DESCRIPTION : xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx. (簡単な故障の内容を英語で。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

故障商品とそのラベルを、エアーパッキンの封筒(商品受け取り時の封筒を
そのまま利用)に、入れ、その他、自分の住所と、返送先の住所、RMA番号
(CSEから連絡のあったRMA番号を小包に貼り付けて欲しいということで)
もパソコンで、適当に作成し、用紙に印刷したのを封筒に透明テープで
貼り付けた。

郵便局に持っていき、
「これを、小形包装物で。オプションの書留も付けてください」といったら、レジに
表示している料金が2000円オーバー。おっと、危ない。
料金が高い国際小包で送るところだった。

慌てて、「安いSAL便(さるびん)でお願いします。」と。
「料金は、970yenです。」(送料が560円、オプションの書留が+410円)と。
→料金や日数について http://www.post.japanpost.jp/cgi-charge/

エコノミー航空(SAL)便、通称SAL便は、船便より速く、航空便より安い。
DXの案内では、安価な発送方法且つ、追跡可能なものと言われていたので。
金額とスピードではSAL便がベスト。船便は50円くらい安いが、激遅なので。
SAL便+書留付き(追跡可能)でOKだそうです。
→SAL便について http://www.post.japanpost.jp/int/service/dispatch/sal.html

→発送方法の比較 http://www.post.japanpost.jp/int/service/dispatch/index.html
スピードと料金は比例しており、EMSが最速で、一番割高な料金です。
EMS(国際スピード郵便)>航空便>エコノミー航空(SAL)便>船便 となります。

因みに4月1日に開始したばかりのサービスの国際eパケットだと、
書留付きで+110円(今回返品した商品、重さ510gくらいの場合)で、
航空便の早さで送れるとのこと。要ネットで申込み。
http://www.post.japanpost.jp/lpo/epacket/

あと、発送の際、CN22(300SDR未満の物を同封する場合に必要な書類)という、
税関告知書(グリーンの用紙)を記入しなければならないので、

自分の場合は、
Gift にチェック入れ、
商品の価格 USD $xxxx(購入した商品の金額)を記入。

あと、最後に
日付と署名を英語で記入して返送OK。

税関告知書についての書き方は、日本郵便のHPを参考に。
http://www.post.japanpost.jp/int/use/writing/customs.html

DX_henpin_002.jpg

DX_henpin_003.jpg

家に戻り、DXのCSEのフォームページから、
発送時のラベルと、送料の領収書の写真を添付し、
テキストメッセージには、次のようなメッセージを英語で。

「今日、故障品を送りました。送料は、日本円で970円、USドルだと、11.80ドルです。
送料の返金は、PAYPALでお願いします。
小包のトラッキング番号は、'RRxxxxxxxxxJP'です。
よろしくお願いします。」というような感じで。

Yahooファイナンス(日本円をアメリカドルに換算するのに便利)
http://quote.yahoo.co.jp/m5?a=970&s=JPY&t=USD

発送前に包装後の写真を、発送後には領収書の写真を撮っておくのを忘れずに。
郵便局では、小形包装物の書留付き、SAL便といえば大丈夫だと思います。
料金は、HPから事前に確認しておくと安心です。


疲れた~。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://komonozukin.blog.fc2.com/tb.php/158-f1e51266

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。