最新記事

twitter

カテゴリ

RSSリンクの表示

全記事表示リンク

-PR-




gooのスマホg06 選べるOCNモバイルONEセット【送料無料】


月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

KomonoZukin

Author:KomonoZukin
のブログへようこそ!


ブログのタイトルは、小物好き(こものずき)から、「こものずきん」と名づけました。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログの記事は、気を付けて投稿しておりますが、ミスや勘違いなどあるかもしれませんので、参考にされる場合は、情報をそのまま鵜呑みにせず、他の情報もお調べ頂き、総合的に判断していただけると幸いです。

[gooアンバサダー]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格安コンパクトSIMフリースマートフォン、gooのスマホ g06(グーマルロク)レビュー!





格安コンパクトスマホ g06 登場!


画面サイズ 対角5~5.5インチクラスのスマートフォンが多い中、突如登場した画面サイズ4インチの格安スマホ。

その名は、グーのスマホ g06(グーマルロク)

手の小さな方、女性や子供にも操作しやすく、お財布にも優しい、低価格なSIMフリースマートフォンです。

国内販売LTE対応スマホとしては最安値の7800円(税別)で、現在、gooSimsellerにて発売中です。

gooのスマホ g06は、エントリー向けの製品となりますので、スペックを要求される3D等を駆使したゲームは、あまり向いてはいませんが、

  • 「とにかく手頃な価格で、スマートフォンをはじめてみたい」
  • 「メールやネット、SNSを手軽にやりたい」
  • 「ポケットにすっぽり入る小型端末が欲しい」
  • 「メインとは別に、小さなサブスマホが欲しい」
  • 「テザリングや、SIMフリールーターとして利用したい」

という方には、とてもいいかもしれません。

それでは、gooのスマホ 第6弾 g06の魅力や情報を紹介したいと思います。





開封の技 (アチョー!ビリッ、ビ~リビリ!くれぐれも丁寧にお取り扱いください。)


00_g06_open.png

選択色の交換用背面カバー、本体(背面にはレッドの標準カバー、USBケーブル、バッテリーパック、ACアダプター、クイックスタートガイド、保護フィルム、保証書 (匠の"技"で開封しました。)



背面 (これが、標準色のgooREDです。)
01_p1_goo_g06.jpg
gooさん、こだわりの色グーレッドです。もう一色、お好きなカラーの背面カバーが付属します。
一度触ったらもう最後、やわらかなマット調の手触りが忘れられず、きっとあなたを虜にすることでしょう。




前面
02_p2goo_g06.jpg



4インチクラスの格安スマホと比較
03_g06_01.jpg
派手さがない落ち着いた赤色です。(おいらは、ジミーレッドと呼んでます。どうでもいいー)



側面チェック
(真ん中がgoo 06)
05_g06_02.jpg
カプセルホテルのように効率よく、省スペースでまとめてみました。



4インチ格安スマホ 背面比較
06_g06_005.jpg



09_p5goo_g06.jpg
スピーカー用の穴が2つあいてますが、ステレオスピーカーではございません。




歴代のg01と、新g06(グーマルイチとグーマルロク)
10_g01g06_chr_.jpg
あれれ、小っちゃくなっちゃたー。(おそらく、g07は、でっかくなっちゃた~でしょう..。)




背面カバーを外す (何気にかっこいい~溝のライン)
11_p3goo_g06.jpg
溝の模様がカッコイイ。これがシックスパックなマッチョボディかー。




microSDスロット

12_g06_microsdslot.jpg
g06のmicroSDカード用スロット、入り口に傾斜があるためか抜き差ししづらいです。
特に取り外しが..。取り扱い注意!(microSDHC 最大32GB対応)
https://twitter.com/KomonoZukin/status/776560701296869376



バッテリーの大きさ比較(4インチ格安スマホ編)


13_g06_batt.jpg
「FLEAZ POP」「AuBee elm.」「gooのスマホ g06」、大きさ形状、それぞれ違います。
https://twitter.com/KomonoZukin/status/776966305794490369

ちなみにgooのスマホ g06のバッテリー容量は1700mAhで、ライバルともいえるFLEAZ POPの1500mAhより200mAhほど多いですが、体感的には2倍くらい長持ちしています。AuBee elm.は、バッテリー表示がフリーズしたり、突然落ちることが多いので、早め早めに一定のタイミングで充電したほうがいいです。バッテリー問題を考えるなら、今のところ g06がイチバンのような気がします。



充電(通知ランプ:充電中は赤、充電完了で緑)


14_g06_USB0.jpg
gooのスマホ g06に付属されているUSBケーブルを本体に差し込むと若干の隙間が..。
これが正常だと思うので、無理やり押し込んで壊さないよう注意しましょう。
https://twitter.com/KomonoZukin/status/778016090618159104




プリインストールアプリ一覧(初期状態)


19_init_sc_001.png
プリインストールアプリが幾つか入っていますが、青色のアンダーラインのアプリは、アンインストール可能です。
この辺の自由度の高さはとても好感が持てます。自分なりにカスタマイズするのも楽しみの一つですね。

削除したけどやっぱり元に戻したい、間違って消してしまった場合は、GooglePlayストアから再インストールできます。
便利なアプリもたくさんあるので、使いたくなったらまたインストールして使ってくださいね~ メェ~♪




ベンチマーク


AnTuTu 総合ベンチ (あくまでも参考程度に)
20_antutu_vs.png
https://twitter.com/KomonoZukin/status/776436755499057153
https://twitter.com/KomonoZukin/status/776406481964929024



内部ストレージ&RAM速度のベンチ(参考までに)
21_mmccard.png
内部ストレージは、マイクロン製。全て同じとは限らないので注意。




アプリによるスペック確認

CPU-Xというアプリで調べましたが正確とは限りませんのであしからず。



CPUはMT6737M、4コア、221MHz-1.09GHz で動作しているようです。
22_g06_SoC.png
SKYCOM MT6737M(MediaTek)のようですね。


センサーは3つ。加速度、近接、照度センサー。
23_g06_sensor.png
必要最小限の為、電子コンパスやジャイロはありません。



24_g06_sensor_all.png
近接センサーは、付属の保護フィルムで覆っても動作するようです。



25_g06_features.png
表示上では、USB-OTGが動作するようですが、実際には動作しません。
衛星測位システムは、米GPSのみで、ロシアのGLONASSは対応していませんが、衛星の捕捉スピードや感度は良好です。

電子コンパスは非搭載ですが、Google mapナビをバイクナビ代わりに使ったみたところ、FLEAZ POPや、AuBee elm.よりGPSの感度が良く、動作は特に問題ありませんでした。



26_g06_backCam.png
メインのバックカメラの標準値 最大2880x1728ピクセル。
(最大497万画素ですね。)



参考リンク
~カメラで動画撮影した場合の最大解像度(4インチ格安スマホ編)~
【goo g06】HD 1280x720px [3gp] ※フルHDは非対応
【FLEAZ POP】フルHD 1920x1080px [mp4]
【AuBee elm.】フルHD? 1920x1088px [3gp]
https://twitter.com/KomonoZukin/status/778093492153253888




設定画面

端末情報&内部ストレージ、購入時の初期状態です。

30_phone_info.png

Android 6.0で、6.0.1ではないですね。




設定画面には下記ようにターボダウンロードや、視覚効果を設定できる機能があります。
31_other_setting.png




SIMスロットについて

背面カバーを開けると、「SIM2」「SIM1」という名前のSIMスロットが2つ(デュアルSIMスロット micro SIM x2)あります。
音声対応のSIMを利用される場合は、SIMスロット1を利用してください。データSIMなら、どちらでも可能。

SIMを設定する場合は、「APN設定」というアプリを利用すると設定が簡単です。
オレンジの丸いアイコンでスロット番号、APNはドラムメニューからを選び保存ボタン。
APNが、こ~んなにも沢山登録されています。

g06_apn_konomozukin.png



カメラ性能をチェック


比較写真は出来るだけ同じ条件で撮影し、比較しやすいよう一部切り出ししています。

撮影時の環境や条件によって異なる場合があるため、必ずしも同じような結果になるとは限りませんが、他の4インチクラスの格安スマホと同じ500万画素の写真と何度も比べてみましたが、g06は特有のノイズが出やすいようです。明るさ、被写体との距離等のバランスを気を付ければ多少は良くなると思います。


<風景写真>

41_zz_g06_x420.jpg
gooのスマホ g06(CP-L43s-Ab)

42_zz_pop_x420.jpg
FLEAZ POP(CP-L42A)


<テキスト>

43_zchr_elm.jpg
AuBee elm.(CP-B43-Ab)

43_zchr_g06.jpg
gooのスマホ g06(CP-L43s-Ab)

43_zchr_pop.jpg
FLEAZ POP(CP-L42A)


<室内写真>

44_cam_compare.jpg
gooのスマホ g06/AuBee elm./FLEAZ POP


<おまけ>
45_z_pop_car_x420.jpg
FLEAZ POP

46_z_g06_car_x420.jpg
gooのスマホ g06


バックカメラはオートフォーカス付きの最大500万画素相当で、画質はあまり良いほうでははないですが、被写体との距離、明るさ、手ぶれに注意し、画素数を下げたり工夫すれば、ノイズもさほど気にならなくなると思います。

最後の写真は、その点に留意して撮影したものです。
十分キレイな写真だと思います。

カメラ性能は価格なりだと感じますが、通話やメール、ネット、SNSには必要十分で、またコンパクト且つ低価格なスマホはとっても魅力的で、コストパフォーマンスは良いと思います。

メインで利用される方も、サブで利用される方も、使い方によっては、とっても楽しめると思います。

というわけで、

g06は コスパの良い、コンパクトスマホです!

g06は1GBのRAMですが、2GB版もあったら、うれしー。

尚、詳細スペックについては、前回のブログをご覧ください~。

以上、レビューでした~^^




参考リンク

<gooのスマホ g06 の詳細スペックは、コチラ>
goo_g06.pnggoo_g06.gif
komonozukin.blog.fc2.com/blog-entry-264.html


<gooのスマホ g06 (CP-L43s-Ab) クイックスタートガイド>
http://www.crosslink-marketing.com/g06/qig/
https://twitter.com/KomonoZukin/status/776693835220922369



g06 情報&ちょいレビュまとめ(自身のツイートより)

・初期ストレージの空き4.38GB
・SDカードを本体内部ストレージとして利用可(Android6.0の仕様)
・赤と緑の通知ランプ有 (充電・電話・SMS通知あり、アプリにより通知されない不具合あり)
・VoLTE、GLONASS、USB-OTGは非対応とのこと
・バックカバのgooRedは落ち着きのある色
・POPとelmと同じ特性のほぼ2点タッチ
・elm.より少し大きい
・タッチパネルの感度はelmより上でPOPなみ(POPより若干下のようです。)
・ランチャはgoo専用のものとLancher3が入ってる
・elm.よりサクサク
・POPより重(重量のことです)
・WiFi位置情報&A-GPS未使用のGPSのみでも捕捉速、感度良。
・Android ver.は6.0 (6.0.1ではない)
・カメラ画質は同500万画素のelm.やPOPを下回る(POPと大きな差があり、カメラは期待できない)
・ほぼ同じ環境のPOPと比べバッテリー持ち2倍(しばらく使ってみないと分からないですが..)
・メーカーサポートはあまり期待できない。
 (電話が繋がりにくかったり対応が比較的遅い傾向があるので改善して欲しいですね。)
タッチパネルはPOPに比べると少し癖あり
 (メールやブラウザの画面を高速フリックで画面をスクロールするともたつきが..。OSのメモリ管理、メモリ容量の関係で、処理落ちしているのかな..。その為、高速フリックでスクロールすると、誤タップを誘発し、間違ってメールや、リンクを開いてしまうことが..。twitterアプリやメール、ブラウザで画面を上下に高速フリックすると顕著です。この辺は、FLEAZ POPの方が優秀なので、ファームウェアアップデートで改善するといいのですが..。)[
11.21追記] 自身の9/30twitterレビュより

スポンサーサイト

 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。